忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

◆ 更新情報 ◆
・3/2 『リンクスjr.』アップ!
・3/2 『ガンロッカー』『イメージギャラリー』追加
・11/25 『ファルコン7エクシード』アップ!
3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先日のワンダーフェスティバルの会場で訪れた突然の出会い。
得も言われぬその佇まいに惹かれ、我が家の一員に加わった『ピコリン星人』。


カワイイw

ただ一人ぼっちなのは可哀想なので、お友達を作ってあげようということに。


で、色々調べたところ、こうした人形(フィギア?)は「スカルピー」という造形用プラスティックで作られていることが判明。粘土細工の要領で造形し、オーブンで焼いて固める素材。ちょっと高価ですが、かなりの優れモノだとか。


早速やってみました。
地の色が肌色だからそう感じるのか、ちょっとネリネリしただけでも、やたらリアルな皮膚感に。

ただ頭デッカチにし過ぎたせいで体が頭を支えられず、こいつはボツ。
時間が経っても固まらないので、焼くまでは何度でもやり直しが出来るのが利点ですね。


ネットでスカルピー造形のお手本を調べ、今度は針金とアルミホイルで骨格を作り、そこに肉付けすることにしました。


そしてこんな感じに。。ドラクエをやっている最中って事もあり、鳥山チックな雰囲気になりました。(^^ゞ


オーブンで焼いた後、アクリル絵の具で塗装。色を塗るまでは目立たなかった指紋が激しい事になってます。公開するのも恥ずかしい作品で恐縮です^^;

細かい筆塗りなんて、最近のガンプラでもやる必要ないし、、造形よりも塗装の方が難易度高いかも。


『ピコリン星人』のお友達を作るつもりが、すっかり対決ムードに・・・。 ┐(´ー`;)┌


そんな今回初挑戦のスカルピー造形ですが、
実は「ゴム銃作りに取り入れられないか?」という思惑がありまして。
平板を組み合わせているだけの作品に、もっと立体感を持たせたいなと。
そこで、造形がやり易いスカルピーに白羽の矢が立ったのです。


けど粘土細工って理屈抜きに楽しいですね。
童心に帰れるってこういう事かしら。
久方ぶりに“無我夢中”になれた自分がそこに居ました。
次の日、指が変な筋肉痛に襲われましたがw


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS