忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ゴム銃作りを始めて1年。
ガンロッカーに収めた数は18挺。
すべてが「拳銃」タイプです。
そろそろ別のタイプも作ろうと考えています。

新しい銃を作る度に、機関部の構造から設計するのは効率的ではありません。
また拳銃(特に競技用など)は無駄なく機関パーツを配す必要がありますが、
サイズが大きくなれば、内部にも十分なスペースを確保できます。

そこで、機関部を1つのユニットとし、外寸や取付穴位置を規格化し、
着脱・交換ができるようにと考えました。

例えばこんなふうに・・・



トリガー、回転翼、遅延装置を収めた、フルオートのみの連発銃の機関ユニットです。
これに銃身さえつければ、発射可能となり、一応、ゴム銃として成り立つわけです。

他にもセミオート式連発のユニットや、特殊なギミックで可動するユニット、
頑丈な構造の単発式のユニット(複数掛けで散弾銃になるユニット)など、
この部分だけを設計・製造すればいいので効率的。改良もやり易い。




機関ユニットを換装する事で、異なるタイプの銃に早変わりというわけです。
そしてこの逆も考えられます。




一見、全く異なるデザインの銃を作る時も、規格に則ったスロットを設け、
機関部ユニットを共用してしまえば、製作時間を短縮できるようになるのです。

・・・とそんな感じです。


大物になる事で、デザインの幅も広がります。
スカルピー造形を用いて、有機的でサイバーなカービンモデルとか、
ゴテゴテに無駄オプションを付け足した特殊部隊仕様のカスタムライフルとか、
無垢の木をくり抜き削って、クラシカルな狩猟用狙撃銃も面白いかも。。

想像は尽きませんが、現時点ではまったくの絵空事w

とんだ妄想にお付き合いいただき有難うございました。。 ヾ(´▽`;)ゝ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
私も似たようなことを考えてました。
実際に設計に着手しようとしたのですが、
強度の関係で無理っぽいので断念しました。
あ、でも金属部品が使えるなら…うふふ…

(メールで相談中の件はもうちょいお待ちください)
クラシマ 2009/08/15(Sat)15:47:22 編集
Re:無題
そかw 金属製だからできる構造かもですね。
実は金属加工による製造が大変だから、機関ユニットを使い回しにしようかと思い今回のアイデアに至ったのですけどね(^^ゞ

例のご相談の件、どうぞ熟考下さい。
画期的な戦果をもらたすモノになれること、楽しみにしております^^
by ZumA2 2009/08/16 00:36
いよいよ
本格的フルオート登場間近って感じですね。このフルオート機関部は単なるイメージ図ではないかと思いますが、同様の構造で以前作って失敗しました。
ZumA2さんの高度な設計力と加工技術をもってすれば成功するかもしれません。楽しみにしています。
KEROKERO火器商会 2009/08/15(Sat)17:19:20 編集
Re:いよいよ
仰る通り、フルオートの機関部はこの図のまま作るつもりでおりました。
しかし、、ダメですかね^^; 遅延装置の効き具合だけは図面から判断できないので、実際の製作を(&失敗を)重ね、ノウハウを得ようと思っていました。

今回、機関部のユニット化を思い立ったのも、キチンと動作しなかった場合、作り直すパーツを最小限に抑えられるのではないか、、と考えたのが発端です。

同じゴム銃でも、連発式になると途端にシビアな機関部構造が必要になりますよね。その分、やり甲斐もありますが、、ひとまず次回作の完成はまだまだ先だと思っていて下さいまし(^^ゞ
by ZumA2 2009/08/16 00:50
換装式・・・
なんて、心惹かれる言葉・・・。

小さい頃、鼓弾のエアガン(?)で
デタッチャブルというのがありました。
さまざまなパーツを組み合わせて
いろいろな形状にカスタマイズでき、
アタッシェケース(のようなチープなケース)に
入っている、男心をくすぐるアイテムでした。

金属製ゴム鉄砲で、そんなのができたら面白いですね。
Notch 2009/08/17(Mon)09:51:18 編集
Re:換装式・・・
ショットガン風の外観にフルオートの機関部を装着すると、やや納得のいかない銃になってしまうのがアレですが(^^ゞ

デタッチャブル、コレ↓ですかね?
http://www.k5.dion.ne.jp/~sak/main/toygun/
detachable/detachable.html
30年以上前のオモチャにもかかわらず、ステキ過ぎますw
当時、この銃を企画した方ってば、そうとうロマン溢れる人物に違いありません。アタッシュケース付きというコダワリにも共感できます。

とても参考に、、というかむしろ良い刺激で大いに栄養補給できました。製作頑張ります^^
by ZumA2 2009/08/18 22:13
つ、ついに・・・
俺様専用のザクマシンガンタイプが!!

アサルトライフルのんに
円盤取り付けといてw
やすくん URL 2009/08/17(Mon)19:09:00 編集
Re:つ、ついに・・・
やす様専用、1年もお待たせしちゃってすいません。
けど、もぅあと1,2年お待ちいただけますでしょうか?w

マジで、マシンガンとなると50発以上の弾数が欲しいところ、今の機関構造じゃ無理なのよ。見掛け倒しの単発でもいいかw
by ZumA2 2009/08/17 20:45
そうです・・・
これ↓です。
http://www.k5.dion.ne.jp/~sak/main/toygun/detachable/detachable.html

私が持っていたのはSS-5でしたから、
黒いショルダーストックはありませんでしたが・・・。

私も首回りを折って処分する羽目になりましたから、
やはりこの銃の弱点は首回りだったんですねぇ。

考えてみれば私の遊戯銃好きはこれから始まっているようです。
この鉄砲のせいで今や我が家の屋根裏には両手両足の2倍以上の…(以下自粛)OTL



Notch 2009/08/18(Tue)18:33:38 編集
Re:そうです・・・
あははっ^^
銃好きの始まり、運命の出会いとしては、十分魅力ある玩具だったんじゃないでしょうか。
もし首回りが無事だったら今もこれが屋根裏に眠っていて、お宝発掘になっていたのでしょうけど、、なんとも残念ですw

それにしても一度、秘密の屋根裏コレクション、拝見してみたいですw
by ZumA2 2009/08/18 22:12
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS