忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code


前回の記事で、新しい『シルバーウルフ』のデザインをイラストでご紹介しました。
今回は立体物になった時に、美しいと思えるデザインかどうかの確認作業です。

特に『銀狼』は厚みのある構造のため、側面図のみでは判断できない要素も多いのです。
実際の製作段階に入ると変更も容易ではないので、PC上でやれることはやるに限る。

そこで活躍するのが3DCG。




うむうむ。
納得のカッコ良さといえましょう。←自画自賛

実在しない物なのに、あらゆる角度から眺める事ができるなんて便利ですね。

設計図として作ったデータを読み込めるので3Dにモデリングする作業はさほどでもない。
各パーツに板厚と前後の位置関係を決めるぐらいな感じです。




ちなみにグリップは2Dのイラスト版とデザインが異なるMDF板仕様です。
複数の板が折り重なることでもたらされる“奥行感”も実写さながらに確認できますね。




忠実に再現される3DCGですが、良い事ばかりではありません。

これから作る物が先に見れてしまうようなもんなので、
実物が出来上がった時の感動が半減しちゃうんです。
┐(´д`;)┌




↑僕が使ってる3DCGソフトの最新版です。

≫ イーフロンティア Shadeシリーズ ≪
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS