忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



DIY製作がやりやすいモデルとして開発された『ディンゴ』
材料は30mm幅のフラットバーのみで作れる設計でした。

これにはアルミ材でも比較的安価な材料としてホームセンター等で調達しやすく、
また板の直線を利用する事で切断加工を極力少なくできる利点がありました。
しかしデザインは30mm幅限定という制約の影響を大いに受けた結果に。

一方、ゴム銃を作れる素材は他にも様々です。
各種木板、アクリル、ポリカーボネイト、発泡塩ビ板、アルポリ板、ボール紙、etc.
これらの材料は、棒状ではなく一枚板で調達することができます。

そこで、これらの材料で作る事を前提とし
幅の制約がない自由なデザインで再設計を開始。

こうして生まれたもう一つのディンゴ────────


『ディンゴアッシュ』



D I N G O A s h


切断加工のしやすい非金属素材の採用により
流線形フォルムを纏った“亜種”が登場。


ちなみに『亜種』は英語で“subspecies(サブスピーシーズ)”ですが、
語呂がどうもイマイチだったんで、ダジャレにしましたw


PR


KAZKIN2120製ゴム銃で、最も作り易いモデルが登場。


『ディンゴ』



D I N G O

( Type-HG )

印刷用図面や詳しい作り方も公開しています。
モノ作りの心得がある人ならきっと作りたくなる?
完成したらこちらに掲載しますので、ぜひご応募下さい。




というわけで《中盤戦》からの続きです。

辛く長いパーツの切り出しが終われば、完成までもう少し。
でも正しく動作するゴム銃に仕上げるためにはここからが大切。



「神は細部に宿る」
God is in the details

細かな部分も疎かにせず心を込めて作りましょう。
苦労はきっと達成感となって報われるはずです。

では、どうぞ。





というわけで《序盤戦》からの続きです。

金ノコってのはその名の通り、金属を切る為のノコギリなわけですが、
いざやってみたら、やっぱり金属を手引き(押し)のノコで切るのって大変でした^^;
柔らかい部類のアルミなので、まだなんとかいけますが。。
厚さを3mmじゃなく2mmにすれば、いくぶん切断が楽になると思います。



今回は切断工程で最大の難関、トリガーガードの切り出しからです。

では、どうぞ。




というわけで《準備編》からの続きです。

夏休みっぽい企画なのに、作者本人が夏バテ気味で捗りません^^;

手軽な工具のみで作る「ディンゴ」ですが、その製作模様をお届けする前に、
普段のゴム銃製作はこんな感じでやっています。ご参考までに。



【ジャッカルMk-II】の製作動画です。

で、今回は上の動画で登場するバンドソーやディスクグラインダは使用せずに作ります。

それでは、どうぞ!


Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS