忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code

人差し指で銃をクルクルと回すお馴染みのガンさばき。

その昔、モデルガンとか銀玉鉄砲とか水鉄砲でやったものです。

当然、ゴム銃でも手にしたら、ついやりたくなります。
作品が完成すると決まってクルクル回すテストを実施w

で、回しやすい物と、そうでない物との違いが分かってきました。

トリガーガード内の穴の前よりの部分が回転の軸となり、
その回転軸に対し重心が大きく偏っていると回しやすい。
考えてみりゃ当たり前の話でした(^^ゞ


例えば・・・

この銃の場合、面積の大きいグリップ及びグリップ下部の
パーツが重いので、重心が後下に偏っていて回しやすいです。


一方、、

この銃では、銃の先端からトリガーガードまでの距離があるので、
回転軸に対し前部が重く、その割にグリップは軽め。
結果、重心に偏りが少なく回しにくいのです。


そこで、、

この銃は、ガンプレイのやり易さも考慮した設計にしました。
トリガーガード内の穴を横長にし、回転軸を前寄りにすることで、
重心を後に偏らせ、回しやすくしてあります。


ちなみに、、
swse8
この銃は重すぎて、指が「グキッ」ってなりそうだから無理w

銃の重さは当然、軽い方が指への負担が少なく、
200gあたりが丁度良いのではないかと思います。

西部開拓時代のガンマンはもっと重い銃を回していたはずですが、
屈強な男たちと僕とでは大分違うんで… f(^^;)



そうだ!

ガンプレイのやり易さを最重視した設計ってのはどうだろ?
クルクル回すためにあるゴム銃。射撃は二の次っていったい…w

となればデザインはやはり、リボルバー風でしょうなぁ~♪



・・・と妄想は膨らむばかりなのですが、
生産ラインの銃に、新作・その他、合わせて既に5挺が待機中。
妄想→設計→製作→広報・・・これらすべてを
KAZKIN2120 R.B.GUNS社は僕独りでやらねばなりませんの。
┐(´ー`;)┌



※ゴム銃で、ゴムを装填したままのガンプレイは危険です。
撃ち終わった後に華麗にキメましょう。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS