忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

◆ 更新情報 ◆
・3/2 『リンクスjr.』アップ!
・3/2 『ガンロッカー』『イメージギャラリー』追加
・11/25 『ファルコン7エクシード』アップ!
3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code


とある情報筋からキャッチした話によると、

我が国のY市港湾地区にある研究施設で、

巨大なメカ生命体の開発に成功したらしい。



もしそれが真実であるなら、
明日にでも我々の生活は脅かされかねない。

そこで私は、潜入捜査を行うべく現地へと飛んだ。



どうやらここがその施設らしい。

厳重な警戒態勢と警備兵の数が、巨大メカの存在を裏付けている。

むっ?

白い建物の奥に何やら土色の保護色を纏った物体が・・・。

私は決死の覚悟でその謎の物体に最接近を試みた。



こっ、これは・・!!

紡錘形の部分から伸びる複数の脚。クモだ!



しかし、なんという大きさか…。

近くにいる警備兵がアリンコのように見えるではないか。



あれ?よく見るとタイヤが。それに何故か運転席も。

八脚歩行が可能の巨大メカではなかった。
それに自律型のメカ生命体でもなかった。


--- 調査報告書 ---

謎の巨大メカ生命体とされる物体の真相は以下の通りだ。
大型のクレーン車のような本体が、クモの部分を持ち上げ、
クモから伸びる脚は、ユンボのように自在に動き、
あたかも八脚で移動しているかのように見せていたのである。
重機の化け物ではあるが、人々の日常を脅かす危険性は皆無。
イベント展示用に生産された機械アート作品と思われる。
以上で今回の調査を終了する。──     調査員ヅマニー





あ、 ちなみにこのクモの正体は、、
横浜で開催中の博覧会『開国博Y150(⇒公式WEB)』
ベイサイドエリア・はじまりの森にて展示してあるもので、
詳しくは↓こちらをご覧下さい。
巨大スペクタクルアート劇団「ENEOS ラ・マシン」


今回は時間がなく、入場料が思ったより高かったので
外から網越し覗き込むだけしか出来ませんでした。。(´ヘ`;)
でも次は必ず、目の前で動いているところを見てこようと思います。
乗って、操縦して、、ってのは無理なのが、かなり残念ですw



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
巨大蜘蛛見ました
地元なのでプレイベントで巨大蜘蛛が歩き回る様を目前で見ました。しかもタダで。凄い迫力でしたよ!
ヒデヲ 2009/05/11(Mon)20:51:33 編集
Re:巨大蜘蛛見ました
いいですねー。すごい羨ましいです。。
僕はこの蜘蛛のプレイベントの様子をネットの動画で見て、ものすごい衝撃を受けました、、これはSF映画なのかとw
やっぱ網の外からじゃなく、間近で動いていることろを見たいです(^^ゞ
by ZumA2 2009/05/11 22:17
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS