忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

◆ 更新情報 ◆
・3/2 『リンクスjr.』アップ!
・3/2 『ガンロッカー』『イメージギャラリー』追加
・11/25 『ファルコン7エクシード』アップ!
3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


“ゴム銃”といえば本来、子供のオモチャを指すものでしょう。
ですがこのブログをお読みの方なら、すでにお分かりの通り、
精度を追求したものや、鈍器と呼べるほど重いものなどw
もはや大人による大人の為の遊び道具と化しています。


本日、日本ゴム銃射撃協会のイベント出展のお手伝いで、
あらかわアートフリマに行ったんですが、こうしたイベントで
「射撃体験コーナー」は常に、ちびっこ達で大盛況です。
多様なレンタル銃と豊富な標的に、ちびっこ達の目は爛々。
で、ちびっこ達の行動パターンを、ちょっと観察してみました。

・長銃身やゴムを掛ける部分の小さい銃は装填がやり難そう。
・トリガーを引いたまま、ゴムを装填しようとする。
・注意はするのに、単発銃にゴムいっぱいを掛けたがる。
・トリガー復帰のゴムが露出していると、装弾されていると勘違い。
・単発銃より連発銃が好き(特にわんぱくキッズ)。
・なにげに好みの銃を選ぶ。見た目で決めているのか?
・中にはかなり乱暴に扱う子も。。


これらを踏まえ、“射撃体験用ちびっこ向けゴム銃”作りというのも
競技用の概念と違う要素も多く、なかなか面白みがあるなぁと…。
低コストで、量産し易く、耐久性が高く、子供目線で扱い易い、かつ、
レンタル銃然としていなく、それなりに酔いしれられるデザインで。

すでにレンタル銃は、ベテラン作家さん達の作品で飽和状態ですが、
新規参入してみようと、新たな好奇心が湧いてしまいました(^^ゞ



こちらはゴム銃作りを体験できるワークショップの様子。

あとTVの取材でお笑いタレントのいとうあさこさんが、
ゴム銃の公式競技に挑戦されました。
そんな感じで、とても賑やかな一日でした。ツカレタw


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS