忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



KAZKIN2120製ゴム銃で初となる短機関銃モデルが誕生。
高速連射による瞬間火力は拳銃タイプの比ではない。

白き粗暴な獣の如きその銃の名は────

『イエティ30』



Y e t i 30

回転翼式フルオートマチック機構搭載。

輪ゴムをばら撒く快感に酔いしれるがいい。



■主要諸元
回転翼式フルオート連発銃
輪ゴム装弾数:30発
翼形状:歯車型(フック数:6)
銃全長:530mm (ストック非装着時320mm)
銃全高:180mm 銃身長:200mm
重量:約1300g
使用素材:アルミ平板・アルミ角パイプ(フレーム/他)
 /ステンレス(機関パーツ/他)/MDF板(グリップ/他)


■機関部の仕組み
 フル装弾時の回転翼に掛る力は凄まじく、ステンレス製のトリガーが回転翼をダイレクトに制御しています。
 回転翼式フルオートのゴム銃は、強力なゴムの力を抑え回転を遅らせないと、瞬時に弾が発射されてしまい暴発のような状態になります。そこで不可欠となる遅延装置ですが、その効き具合が一定では、装弾数によって変化する回転翼の力に対応できません。何度も失敗を繰り返し最後は、偉大なる先人が考案された「錘をカタカタさせる方式」を使わせて頂きました。
 これは回転翼の勢いが強いほど、勢いを抑える力も強まるようになっています。回転翼が通過する度にオレンジ色の部品が上下に揺らされます。その揺れは緑色の部品を介し、釣合いが取れて静止しているピンク色の錘を上下させます。この錘は押し下げる力と同等の押し上げる力が必要となるため、装弾数が多く勢いが強い時も、少なく弱い時も、それに応じた働きをしてくれるというわけです。


■パーツ構成
 パーツ数やビス固定箇所などいずれも全作品中、過去最多となる。銃のサイズが大きくなっても単調な印象にならないよう、あえて複雑な面構成を意識した設計。その結果、高い剛性を得るに至ったが重量もそれ相応に…。
 銃身兼メインフレームは20×40mmの角パイプを使用。機関部ユニットは3mm厚のアルミ板の5層構造。他に回転翼ユニット、グリップ、可倒式フォアグリップ、開閉式バレルカバー、装甲板、ストックなどで構成されている。

 重なり合う板の位置関係やらスペーサーの厚みなど、側面図のみでの設計には苦労した。かといって3Dで設計するのも大変そうだし…。


■ロックレバー
 開閉式バレルカバーは射撃時に高速で動作する機関部から安全を確保する役割があり、キャリングハンドルにもなる。このレバーを下げるとバレルカバーのロックが解除し開くことが出来る。閉めるときは自動でロックがガチッと掛り、即、取っ手を掴んで持ち運びが可能。
バレルカバーの開閉はリロード時に必ず行うので、このレバー操作も楽しい演出に一役買ってくれているのだw


■ハンドガンに変身
 ストックを外せば拳銃としても違和感がないデザインにしたつもり。ただサブマシンガンとしてならサイズはやや小ぶりだが、ストックを外して拳銃としたなら途端にデカ過ぎる印象にw

 ところで白い銃って、実銃では殆どお目に掛れませんよね。なのでSFチックに感じられて僕好みではあるんですが、本当の理由は今回調達できた材料が白塗装のアルミ板だけだったからなのです。


■発射速度と装弾数
 30発のフル装弾状態からトリガーを引き、撃ち尽くすのに要す時間は僅か1.8秒ほど(ストップウォッチにて計測)。発射速度は1000発/分となる。トリガーを指きりしても4,5回ほどしか撃てない。
装弾数・発射速度とも実在するサブマシンガンと似通った数値ではあるものの、あっという間過ぎて、ちょっと物足りない。ちなみに装填作業に掛る時間は90秒ほど。地味な作業の末、得られる快感は一瞬なんですw 儚いナァ・・・。


■サブマシンガン製作の経緯
 日本ゴム銃射撃協会のイベントなどを通じて感じるのは、ゴム銃もデカい方が目を引くということ。これまで拳銃タイプばかり製作してきたので、ここらで1挺デカいのをこさえようと考え、今回の製作に至りました。
 目論見どおり目立つ存在にはなりましたが、その分、家での置き場所に困っています^^;

■ショルダーストラップ
 拳銃がホルスターに納めて携帯するように、サブマシンガンは肩から提げて運んだりしますよね。その為のフックやベルトも装備。今作を作ろうと決めた時から、一番やりたかったのがコレなんですw
鏡に向かって構える僕に失笑する妻。。男のロマンとは、家族に理解されない事の方が多いのだ。┐(´д`)┌



■作品紹介ムービー
 『イエティ30』の射撃シーンや装填方法を動画に収めました。

YouTube


ニコニコ動画





輪ゴム銃 輪ゴム鉄砲 ゴム銃 ゴム鉄砲 フルメタル輪ゴム銃 自作 DIY 製作 作り方 販売 ゴム銃競技 イエティ Yeti フルオート 連発銃 銀狼 シルバーウルフ KAZKIN2120 KAZKIN2120 R.B.GUN R.B.GUN
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
製作お疲れ様です。
改めて動画で見るとなんつー代物だwww

イエティというと陸のUMAの代表格、いわゆる雪男ですか。
なるほど「爆発力」「幻の動物」「白」等のイメージから取ってきたわけですね。
……流石にこれの量産は個人じゃ無理ですよね、作る側の手間的にも買う側の値段的にも。
H.S 2010/03/06(Sat)16:30:28 編集
Re:無題
ありがとうございます^^

ネーミングではお騒がせしましたが、イメージに沿う名前にはなったかなぁと、カッコイイかは別として(^^ゞ
雪男やらオオカミやらマッコウクジラやらが我が家に溢れかえっております。そろそろ真剣に置き場所を考えねば・・・^^;
by ZumA2 2010/03/06 16:59
ガンロッカー
こういった物の収納場所は家庭のある方には問題でしょうね。
私は独り身なので問題にはならないんですが。

とはいえ、最近は趣味的アイテムを増やすのはさすがに控え気味です。
実用的(?)な工具類はガレージに順調に増殖しつづけていますが…。
(↑方向性が変わっただけともいう)


もし本当にお困りならお預かりしますよ(笑)
Notch 2010/03/06(Sat)19:19:47 編集
Re:ガンロッカー
僕のパソコンデスクの回りにのみ、ゴム銃を並べて置いています。そこは家の中で唯一治外法権が認められている場所なんで(^^ゞ
全部は飾ってませんがそれでも場所がもういっぱいいっぱいです。。現在、吊り下げるなど強引な対処法を検討中ですw

Notchさんのガレージ工房がうらやましいですよ。本格稼働の時期は近いとみましたが如何でしょう?楽しみです^^
by ZumA2 2010/03/07 00:40
惚れ惚れします。
イエティ30の完成品拝見させていただきました。
木製のゴム銃もいいですが、やはり金属ならではの重厚感や光沢もイイですね。従来の回転翼式の限界を見事に打ち破られましたね。
毎回思うのですが、ZumA2さんのグリップ成形術のレベルの高さをうらやましく思います。
レバーでカバーを開閉させるアクションも魅力のひとつですよね、鏡の前でイエティ30を構えたくなる気分がよくわかります^^
エルフ 2010/03/08(Mon)09:10:02 編集
Re:惚れ惚れします。
ありがとうございます^^
もっと銃身を短めの設計にして、装弾数を稼ごうかとも思ったのですが、そうすると威力も失われますからね。30発を装填する事ができたのは想定どおりでしたが、こんなにアッという間に撃ち尽くしてしまうとは思ってもみませんでした^^;
グリップの成形でディスクグラインダーを使っている人は、他にいらっしゃらないかもしれないですね。仕事で頻繁に使う工具なので慣れたものですが、切削力が高すぎて、よく削り過ぎて取り返しがつかなくなることもあります(^^ゞ
完成したからといって飾りっぱなしは可哀想なので、たまに構えたり撃ったりしてあげるつもりです。
by ZumA2 2010/03/08 22:14
続・ガンロッカー
ガレージ工房化計画ですが、現在一時停止中です。(涙)

別に新しい車が来たとか、前向きな理由じゃないんですが…。単純に、あまりにガレージが寒いため、あまりそこにいると古傷の左足首と左膝が痛んで歩くのも辛くなるというだけの理由です。
この間、工具の慣熟の為、半日ガレージにいましたが2-3日足を引きずる羽目になりました。
今更、暖房器具をいれるのもなんですし、本格始動はもう少し暖かくなってからにします。


次の冬には暖房器具の導入を真剣に考えています。
電源不要のストーブをさがします。
Notch 2010/03/30(Tue)09:06:23 編集
Re:続・ガンロッカー
暖かくなるにはもう少しの辛抱ですね。
寒さはいけません。寒い中での作業は、やっつけ仕事になる事が多いので。(←本業での自分ですw)
てかガレージに電源ないんですか?工具の使用もひと苦労ですね。バッテリー式でも充電場所が離れているとあれですし。電源不要のストーブって、懐かしの石油ストーブぐらいしかないんじゃ・・・w
by ZumA2 2010/03/30 20:58
問い合わせ
イエティ30の製作依頼は可能でしょうか。
お忙しいとは思いますが、ご連絡お願いします。
山下 博司 2010/04/27(Tue)12:12:44 編集
Re:問い合わせ
すみません。基本的に製作依頼はお受けしておりません。
Q&A⇒http://yappaps3.blog.shinobi.jp/Entry/192/#q01

特にイエティ30はとても手が込んだワンオフモデルとなっておりますので、
再度、製作するのはとても困難です。申し訳ありません。
by ZumA2 2010/04/27 23:54
販売モデル
イエティ30程ではないにしろ、マシンガンなどの大型銃の販売モデルはできるでしょうか?
ハシモト 2010/04/30(Fri)01:45:12 編集
Re:販売モデル
手作り販売としては製作が大変すぎますし、量産販売としてはコストが高すぎてしまうのではないかと思います。採算がとれそうもないものは正直難しいですね。個人販売なので何かと力不足ですみませんf(^^;
by ZumA2 2010/04/30 20:07
ときめいちゃいましたw
はじめまして。
イエティ30見た瞬間。
私の心が打ち抜かれました、
こんなにかっこよかったら女の私でも男のロマンが理解できますっ


乱文失礼いたしました。
2233 2010/06/20(Sun)22:17:44 編集
Re:ときめいちゃいましたw
カッコよく獰猛そうな銃でも、そこから飛び出すのは安全な輪ゴム、、
男のロマンは何も危なっかしいものでなくても満たせるのではないかと思い、ゴム銃作りに勤しんでいます。
女性の方にも理解してくれる方がいて(珍しいかもw)今後の励みになります。ありがとうございました^^
by ZumA2 2010/06/20 22:49
購入は可能ですか?
お世話になります。購入したいですが、販売できますか?方法を教えて頂きたいです。
崔 成喜 2012/05/17(Thu)15:38:27 編集
Re:購入は可能ですか?
コメントありがとうございます。
申し訳ありませんが、このモデルは販売致しておりません。
販売しているモデルについてはこちら↓をご覧ください。
http://yappaps3.blog.shinobi.jp/Entry/85/
よろしくお願いします。
by ZumA2 2012/05/17 19:23
販売してほしい!
 『イエティ30』を販売していただきたいのですが、可能でしょうか?
竹村 雄介 2013/05/28(Tue)17:05:22 編集
Re:販売してほしい!
コメントありがとうございます。
申し訳ありませんが、このモデルは販売致しておりません。
販売しているモデルについてはこちら↓をご覧ください。
http://yappaps3.blog.shinobi.jp/Entry/85/
よろしくお願いします。
by ZumA2 2013/05/28 20:49
無題
イエイティは販売する予定はありますか?
unknown 2015/05/31(Sun)09:33:59 編集
Re:無題
7月にタイトーさんからプライズ商品としてリリースされます。樹脂製ですが、フルオート機構は実装される予定です。
http://gigazine.net/news/20150213-yeti24-pz-rubber-gun-jaepo2015/
by ZumA2 2015/05/31 12:49
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS