忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

◆ 更新情報 ◆
・3/2 『リンクスjr.』アップ!
・3/2 『ガンロッカー』『イメージギャラリー』追加
・11/25 『ファルコン7エクシード』アップ!
3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



リコイルギミックを搭載した単発式の『ウォンバット02』『マーゲイ』
本来、ゴム銃に発生しない反動と発射音を再現した機構を持つモデルです。

その機関構造はこんな感じ。



トリガーを引き始めると銃身が徐々に前進しホールフックを解放、
一定以上トリガーを引くとツメが外れ、銃身が勢いよく後方に戻る仕組みです。
前進してから後退するので、拳銃のブローバックとは逆動作となります。


で、現在考案中のモデルは、別の方式で銃身をスライドさせる機構になっています。


【クリックで拡大】


トリガーが弾(=輪ゴム)の力で後退しようとする銃身のストッパーになっています。
トリガーを引き銃身から外れた瞬間、銃身は後退し同時にホールドフックが回転、
ホールドフックからゴムが射出されると、銃身は後退する力を失い、
逆にバネの力で前進、元の位置に復帰する仕組みです。

先に挙げた従来のスライド機構と異なるのは、、
・銃身のスライド動作が弾の発射をきっかけに後退・前進が切り替わること。
・銃身のスライドが勢いよく前後1往復で動作するため反動が大きいこと(?)。
・後退してから前進する拳銃のブローバックと同じ動作のギミックとなること。

・・・などなど。


けど今はまだ机上のなんとやら。。
理屈的にはイケそうな気がするのですが。
成功か否か、あとは実際に作ってみるまでです。


この時の心理状態がゴム銃作りの中で一番楽しかったりするw
ドキドキ…ワクワク…


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS