忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code


先日の『週間プレイボーイ』の取材の時にカメラマンのヤナガワゴーッ!氏に
ゴム銃から輪ゴムが発射される瞬間を撮影してもらいました。
素人には撮るのが困難な、とても貴重な写真となっております。

シャッタースピードは1/250。ストロボの閃光時間は1万分の一とかなので
輪ゴムが止まっているかのような写真になるそうですよ^^



銀狼の場合】


輪ゴムがクリンクリンに丸まって飛んでいますw カワイイw
矢のような弾道とは程遠く、空気抵抗を受けまくりな感じですね。

では精密射撃用ゴム銃はどうでしょうか。

グリフォンの場合】


後ろ側のフックから外れた輪ゴムが銃先端を追い越して飛んでいくのではなく、
縮まりながら細長い形状で、前後が入れ替わらずに飛んで行くのが分かります。
これは片方のテンションを強くし不均衡に装填する片掛けという装填方法によるもの。

さらにフルオート式ゴム銃では、、

イエティ30の場合】


おおっ!まさしくサブマシンガン!弾をばら撒いています!

でも実はコレ、ちょっとしたトリックを使っています。
カメラと銃の間に透明のガラスを設置しガラスに向けて発射。
だからガラスにぶつかり跳ね返っている輪ゴムも写っているんです。

そうでもしないと分速1000発という高速連射のフルオート式ゴム銃でも、
飛翔中の輪ゴムはこの距離からの撮影だと1発ぐらいしか写らなかったんです。

輪ゴムがタタタタッと一列になって出てくる画が撮れそうなイメージがあると思いますが、
実際は次の弾が発射される頃、先に発射された弾はもう遠くに行っちゃってるんですね。



プロのカメラマンさんと安全なゴム銃によるコラボ実験かな!?

いやぁ、、とても勉強になりました(^^ゞ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS