忍者ブログ
Over Boost !? Home  |  Admin    
“メタル輪ゴム銃”なるモノ作り
P S Y C H O D R I V E
Over Boost !? 
Information
◆ 販売モデル ◆
『LYNX』組立キット◎即納 完成モデル◎即納
『Fenrir』サンドブラスト◎即納
ご購入はコチラから→【作品販売ブース】

3DCG MODELING
オリジナルAC機体創作
Search
サイト内検索
Link
 


当サイトはリンクフリーです。
バナーは画像を保存しご使用ください。



234×60サイズ
(画像クリックで原寸大表示)
Profile
KAZKIN2120 R.B.GUNS

ZumA2 

(ヅマニー)  

kazkin@nifty.com
Archive
RSS Reader
このブログを...


Bar Code

3作目となるゴム銃が出来上がりました。

いつもであれば、写真や動画の撮影を行い、
すぐさまブログの記事作成を始めるのですが、
それを後回しにしてまで、取り組んでしまったこと。

ふと思ったんですが、
「設計図のデータを使えば、Shadeで3DCGが簡単に作れるな」と。

僕が作る銃はほとんど平板を組み合わせているだけなので、
2Dの設計図を3D化する作業は難しくありません。

というわけで、新型の銃の3DCGがコレ。



完成した実物も、驚くほどこのまんまです。
同じ設計図を元に、モデリングしたのだから当たり前ですがw

銃の内部はもちろん、可動部分やビスホールに至るまで、
忠実に作り込んだので、CGで構造の解説などができそうです。

まだやったこともないのに言うのはアレですが、
CGムービーなんかも作ってみようと企んでます。


と、、
なんだか予告編みたいになってしまいましたが、
新型銃の詳細は次回、アップします。。
f(^^;)



この3DCGを作製したソフト。

≫ イーフロンティア Shadeシリーズ ≪


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
うはあw
おお!新型が来ましたかw

毎度思うんですが自分には想像力とか無いのでひとつの銃のデザインを考えることができる時点で凄いのに、それを自分で立体化までしてしまうなんて、、、もう感服ですwww

銀狼を見たときからですがもうしっかり輪ゴム銃、いやR・B・GUNにはまっちゃってますww

これからも頑張ってくださいね!応援してますよ!!!

ライトゴー 2008/11/16(Sun)22:50:12 編集
Re:うはあw
どうも^^

パソコンで2Dや3Dの絵を描くのも、実際に物作りするのも、同じ延長線上にあるんですよ。

世の中に独創的なデザインを考えられる人は、一握りしかいないと思うんですが、僕のように実在する銃やロボットやメカをじっくり観察し、インスピレーションを得て、自分なりのアレンジを加えていくことなら、誰にでも出来ることだと思うんですよ。
僕はライトゴーさんの倍ぐらい生きていますから、経験の違いが大きいだけです。この調子でいけば、将来は僕なんかよりスゴイおじさんになってるでしょうw
by ZumA2 2008/11/17 23:42
記事に関係なく申し訳無いのですが
編集パス忘れてしまってどうしようもないので追記します。すいません。

MGOはやっとアップデートしてプレイできる状態になりました!!!

何回か一人でトレーニングしてみた感じ、まだまだ対人戦は不安ですw

よろしければ教官指導?なるものでご教授いただけたらと思いますwww
ライトゴー 2008/11/16(Sun)23:09:00 編集
Re:記事に関係なく申し訳無いのですが
いえいえ、雑談大歓迎ですよ。

僕も人に教えられるほどの腕がないのですがw

とりあえず、対人戦の場合、相手より先にヘッドショットを決める事です、、が相手も当然それを狙ってますし、慣れた相手の方が上手くて当然、向かい合って撃ちあうのは避けるべきですよ。相手を倒しまくりたい気持ちを抑えて、無駄なデス数を増やさないよう、常に用心。最初のうちは臆病な兵士ぐらいで丁度いいかと。

僕もMGO久しぶりにやろうかな(^^ゞ
by ZumA2 2008/11/17 23:53
無題
アハハ!ホントに実物そっくりですね。
フォールドフックは改修されたように見受けられますが、この形状はよさそうですね。

ZumA2さんはゴム銃を作る環境に恵まれている上にデザインセンスも良いのでとても羨ましいですし、勝手に期待していますので
私の銃もじっくりと見ていただき少しでも役に立てればと思っています。
ヒデヲ 2008/11/17(Mon)09:40:14 編集
Re:無題
ゴム銃掲示板に投稿した写真とほとんど一緒ですよね。
3DCGも実物も、薄っぺらい銃に変わりはありませんw

たしかに工作機械や材料調達など、製作する環境は仕事場に整っているので、恵まれていると思います。でもパソコン上でデザインしたり3DCGを作っている時が一番楽しいのが本音です。デジタルの世界ではシビアで根気がいる削り合わせや、思わぬ失敗でも簡単にやり直せたりしますから(^^ゞ

ゴム銃作り入門者の僕は、皆さんの銃の何もかもが勉強になります。
リアフックのアドバイスもありがとうございました。
これで大会当日に良い成績が出せるかは、自分の腕次第となりましたf(^^;
by ZumA2 2008/11/18 00:15
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
Power Push
全国の作家による246挺のゴム銃を収録
銀狼もフェンリルもイエティも載ってます!


ゴム銃大図鑑
楽天ブックス 税込2,520 円


唯一の公式本! ゴム銃のすべてがココに
著者は日本ゴム銃射撃協会の理事長


ゴム銃オフィシャルガイドブック
楽天ブックス 税込1,575 円


Banner
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気ブログランキング ブログ王 ウィジェット


Copyright © PSYCHODRIVE Over Boost !?  All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS